« 2016年1月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年3月の2件の記事

2016/03/14

1/24 マツダ ロードスター シャシー その2

久々の模型作りですが、以前にはなかった問題が。パーツを塗っている手元がよく見ないのですよ。つまり老眼であります。ここ3年ジムで体を鍛えているので、加齢による体力的な衰えは全く感じない(というか人生で今が最も体力あります)のですが、老眼だけは残念ながら年齢というものを実感させてくれます。

 

そんな厳しい状況の中、サスペンション関連のパーツを塗装します。

Img_1381
以前作った1/350ヤマトのプラモデルではマスキングなんて無いに等しかったですが、車のプラモデルはマスキングの嵐。塗ってマスキングして塗ってはみ出してまた塗って・・・。前の記事にも書きましたが、マスキングはダンダンとテキトーに、あとで筆で修正すればいいや、となってきます。
 
 
Img_1397
これはリアのサスペンション周辺。塗り分けも大変でしたが、パーツも複雑に重なりあって接着も大変です。接着にはプラモデル用接着剤ではなく、Gクリヤーを使います(塗装面の接着にはこちらがいいそうなので)。ペーパークラフトで大活躍したGクリヤーがプラモデルでも有効とは驚きです。
 
左側にある細長いパーツが、リアのスタビライザー。ウチのNDである S Special Packageをキットで再現するために、リア・スタビライザーはしっかりと接着します(リア・スタビライザーをあえて外したグレードが Sです)。
 
 
Img_1402
スタビライザーを付けました。塗装は説明書の指示通りではなく、資料(何せNDの本は沢山持ってますんで)を見て、さらに細かく塗り分けました。具体的にはブレーキディスクの内側のホイール取り付け部分をXF-1フラットブラックで塗ったのと、ドライブシャフトのデフ付け根部分のシルバーとブラックを細かく塗り分け。またここもグラム作戦として4個所に穴開けてます。
 
接着や色の塗り分けなどは私には大変でしたが、(ツヤあり)ブラックとフラットブラック、チタンシルバーとフラットアルミの質感の違いと複雑なパーツの組み合わせがいい感じを出しています。
 
 
続いてフロントサスペンションを組み上げて、
 
Img_1429
 
 
リアと接続すると、NAロードスター以降採用されているトランスミッションとリヤデフを直結したPPF(パワープラントフレーム)の完成であります。
 
Img_1458
 
Img_1453
プラモデルでここまで再現できるのであれば、SKYACTIV-G 1.5リットルエンジンも載せたいところですが、残念ながらキットはエンジンレス。
 
 
 
Img_1465
シャシーにPPFを載せてみます。まとまった時間がなかなか取れない中、ちまちまとマスキングしては塗ってを繰り返し、ようやくここまできた~という感じです。が、まだ先は長そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/12

1/24 マツダ ロードスター シャシー その1

子供の頃は車のプラモたくさん作りましたが、大人になってから本格的に作るのは初めて。なのでまずは塗料を買いそろえるところからです。

Img_1426

タミヤカラーにはエナメルとアクリル(水性)がありますが、扱いやすさ(道具を水で洗える)でアクリルにします。ただしボディカラーのTS-95ピュアーメタリックレッドと床下のアルミ補強パーツ用カラーのTS-30シルバーリーフは缶スプレーです。タミヤのスプレーなのでエナメル系かと思いきや、ラッカー系なんですね。知りませんでした。塗料は会社帰りに有楽町ビックカメラで揃えましたが、ビックにはX-31チタンゴールド以降の塗料を置いてないのです。近所のヤマダにもない、模型店にもない、うーん困った・・・そういえば、タミヤのお店があったハズ!と新橋のタミヤ プラモデルファクトリーでgotしました。都心勤務最高。

 

ラッカー系→アクリル系の順に塗るのがセオリーだと思いますので、缶スプレーのTS-30シルバーリーフから塗ります。

Img_1419
これは床下にあるアルミ製のトンネルメンバー。左側のトンネルブレースバーが再現されているということは、このキットは S Special Packageか S Leather Package (のMT) をモデル化しているようです。

このキットでは日本仕様だけでなく、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ仕様も作れるのですが(日本仕様の場合はトンネルブレースバーの更に左側にあるパーツをカッターで切り離します)、このトンネルブレースバーをあえて取り外した最軽量の S というグレードを作るための指示がトリセツに書いてないのが不思議です。

まずアルミ部分をラッカー缶スプレーのTS-30で塗装し、マスキングテープでマスキングして黒い部分を、エアブラシでX-18セミグロスブラックを吹きました。

 

ここでちょっと問題となるのが、同じくアルミ製のフロントアンダーカバー。ここはラッカーのTS-30を先にスプレーすると、その周辺のアクリルX-1ブラックを塗るためにマスキングするのが大変な作業となりそうです。

Img_1313

そこで、ここはまず先にラッカー系のブラックを先にエアブラシして、アルミ周辺部分へマスキングゾルをザックリ塗ってマスキングし、TS-30をスプレー。果たしてうまくいきますか。

 

Img_1314

マスキングゾルを恐る恐るはがして・・・

 

Img_1318

ま、まずまずでしょう(笑)。うまくTS-30がノらなかったところは、TS-30を筆で塗って修正します。

 

Img_1382

修正後、他の部分もアクリル塗料をエアブラシで吹き、はみ出した部分は筆で修正します。エアブラシを使い始めたら、筆塗りなんてしないんじゃないかと思ってましたが、筆塗り結構重宝します。あとで筆で修正すればいいや、とマスキングはダンダンテキトーになっていきます。

フロントサスペンションのロアアームは、1トン切りのためのグラム作戦の一貫として穴が開いてますが、キットでは丸いモールドで表現されていますが穴は無いのです。ここはNDオーナーとしてマツダの開発メンバー(志メンバー)と志を等しくすべく、ピンバイスで穴を開けました(ピンバイスを使ったの実は初めて)。実車はもちろん強度を損なわない範囲で穴開けしているのでしょうが、このキットしての強度は大丈夫なんでしょうか。分かりません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2017年2月 »