« リゼル 足(まだ苦戦中) | トップページ | リゼル 足(こんな感じ?) »

2010/11/04

宮川彬良&大阪市音楽Dahhhhn!

偶然にも本日は18時まで池袋サンシャイン方面でミーティングだったので、終了後その足で駅反対側の東京芸術劇場大ホールに行き、宮川彬良と大阪市立音楽団の公演を当日券で見てきました。

大阪市立音楽団は80年以上の歴史がある吹奏楽団で東京初公演だそうです。宮川さんの明るいトークに(宮川さんって見た目によらず結構若いのね)、平原まことさんの5種類のサックスが加わったブラスバンドの演奏は楽しいものでした。

しかし平原さんのサックスによる序曲からの組曲「宇宙戦艦ヤマト」が始まると、会場の雰囲気がブラスバンドのコンサートからヤマトの世界へ一変。鳥肌立ちました。序曲・ヤマトのテーマ・イスカンダル・出撃、そして最後は大いなる愛。これで感動しないはずがありませぬ。

ゲバゲバ90分に、マツケンサンバIIも久々で良かった。サッちゃんのサックスも泣けました。

会場には宮川彬良編曲の組曲「宇宙戦艦ヤマト」のスコアを売っていたのですが、なんと値段は9000円代。持ち合わせが無くて良かった。あったら買っていたな。別に使い道はないけれど。

ああ音楽って素晴しい。これからも息子の音楽的感性を磨くため、息子と一緒にアキラさんの夕方クインテット毎日見ます!

|

« リゼル 足(まだ苦戦中) | トップページ | リゼル 足(こんな感じ?) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいなぁ!!!

やっぱり生で聴くとゾクゾクってくるよねhappy02

BUTCHY さんのヤマトの歌声に感動したことを
今でも思い出しますnote

投稿: ふーひー | 2010/11/05 23:53

ふーひーさん

東京近郊に住んでいると、こうしたイベントに
サクッと行けるところがいいです。

生演奏は本当にいいです。
でもその一瞬でしか味わえないのが貴重でもあり
さみしいところでもあり。

最近カラオケにも行ってないので、
ヤマトも久しく歌ってないです。
自分の結婚式の披露宴で
自分で宇宙戦艦ヤマトを歌ったのは
私くらいでしょうねぇ(笑)

投稿: BUTCHY | 2010/11/06 07:57

宮川彬良という名前とヤマトからしてひょっとしてと思って調べたら宮川泰さんの息子さんなんですね。結構、精力的にご活動なさっている方のようですね。

全然関係ないですが、昔東京芸術劇場あたりの道路に営業車止めてよくあの辺であくせく仕事してました。奇麗な建物ですよね。

動物園や劇場音楽とか特に3歳あたりまでは感性教育には重要な時期と聞きますので、息子さんと一緒に行かれるのはすごくいいことだと思います。
しかし、ぶっちーさん鉄人ですねぇ。
自分はなんだか体の調子が悪くて一人もんのくせに動きが鈍くて駄目駄目です。

投稿: quogli | 2010/11/07 17:06

急報が・・・
「ヤマト」製作西崎さん転落死=父島の港で船から海に—海保

復活編も制作の総指揮を取ってましたよね?
どうなるんでしょうか・・・

投稿: quogli | 2010/11/07 20:33

quogliさん

宮川彬良さんは、ヤマトシリーズの音楽においていくつか作曲、編曲をなさっています。さらばの白色彗星のテーマのパイプオルガンは彬良さんが弾いていたとか。

私も体力はないし、動きも鈍い方ですが、自分の好きなことに関してだけは動き早いですね(笑)

投稿: BUTCHY | 2010/11/07 21:34

quogliさん

復活篇においては西崎さんは監督で、今は
ディレクターズカット版を作っていたそうですが、
実写版の公開も間近のこの時期にとは驚きました。

最後に乗っていたフネは、YAMATOだったそうで。
西崎さん、数々の感動ありがとうございました。

投稿: BUTCHY | 2010/11/07 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/49937581

この記事へのトラックバック一覧です: 宮川彬良&大阪市音楽Dahhhhn!:

« リゼル 足(まだ苦戦中) | トップページ | リゼル 足(こんな感じ?) »