« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の4件の記事

2010/07/25

巡洋艦 さらに修正

展開図と組立説明書と展示品がようやく艦橋部分までできあがりました。

Jy112

Jy114

組立説明書作りってホント大変で、イラレと格闘する毎日です。おかげでイラレの操作にも随分慣れました。が、イラレCS5は私の環境では時々落ちるのが問題です。今日も1時間分の作業が落ちて消滅(悲)。

艦橋まで終わったので、残りは、艦首、主砲、魚雷、そして内部フレーム・・・まだ結構ありますなぁ。


Jy113

艦首部分のパーツを息子に手渡したら見事に大破しました(笑)

前回の試作パーツなので壊れても大丈夫ですけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/24

ヤマト復活篇 Blu-Ray到着

発売延期になっていたヤマト復活篇のBlu-Rayがようやく届きました。

Blu1

パッケージは小林誠さんによる復活中のヤマト。これがなんともカッコいい。ヤマトって戦艦大和の殻を破ってカパっと生まれてきたので、こうした形での建造(修復)シーンってとても新鮮です。


劇場以来ひさびさに見る復活篇ですが、CGで描かれたメカや美術はBlu-Rayで見ても本当に素晴しいです。メカの描写もアニメっぽさとリアルさのいいバランスのとこついてますし。宇宙に漂う小惑星や船の残骸なども、手書きではとてもできない宇宙の広がり感を見事に表現していて、これもCGならでは。こういう細かい所への作りこみを Blu-Rayでは何度も堪能できていいですね。

CGのヤマトもホントいい形しています。今までのヤマト作品では、遠くからのアングルであってもどうしても手書きによる極端なパースがついていましたが、CGならではのより現実的なアングルやパースのヤマト(文章での表現が難しいですけど)も、とにかく新鮮です。

こんなご時世の今、お金と人を集めて、よくここまでの作品を作ることができたもんです。

さて本編以外の映像特典ですが、小林さんと湖川さんによる、ほとんどが監督についての話の座談会が面白いです。小林さんって胎動篇の時の映像とは全く雰囲気が違いますねぇ。そして湖川さんのヤマトへの熱い思いは意外でした。ヤマトよりもイデオンやザブングルの印象が遥かに強かったので。

座談会の司会は評論家の氷川竜介さん。超合金魂アンドロメダについて氷川さんがtwitterでつぶやいた時に、私のペパクラアンドロメダにも触れていてちょっと驚いたなんてこともつい先日ありました。

そして映像特典に収録されるハズだったもうひとつのエンディング(地球滅亡篇)が、カットされたのは非常に残念なんですが、湖川さんによる新作カットもあるというディレクターズカット版では、地球滅亡篇を真のエンディングとする、ということなんでしょうねぇ。

アマールへ移住しようとして亡くなった人々や、なんとかたどり着いた人々のことを思うと、(とりあえず)この作品では地球滅亡で良かったかと。本作に続く第二部があるという前提での話ですが。。。

劇場版では展開が唐突だった部分などが、ディレクターズカットではつじつま合うようになればいいな・・・と発売される日が来ることを祈りつつ、それまでこの劇場版復活篇での映像を楽しんで新しい発見をしたいと思います。


最後に、

Blu2

おまけのフィルムは雲間の後ろ向きヤマトですが、こんなシーンあったっけ・・・???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/11

巡洋艦 ひたすら修正

スカパー!でのバトルスター・ギャラクティカがついに完結。序章から第4シーズンまで驚愕の展開だったこのドラマ、果たしてそのラストは・・・・・・・? まぁ、詳しくは書けませんので皆さんもDVDをレンタルして是非その目でご確認を。週に一度の楽しみが終わってしまって残念ですが、ホントいいドラマでした。

最近ブログを更新してませんでしたが、これは作業が地味なので書くことがない、のではなく、本当に進捗がほとんどないからでありまして。

Jy111

展開図を修正し、キャラホビ会場展示用のモデルを工作しながら、組立説明図を更新。今回は裏面にも印刷しますが、のりしろパーツの裏側にも色塗るのを忘れていることに工作してから気づいたり。時間かかりますなぁ。

なんとか7月中に完成させたいっす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/01

巡洋艦 展開図

展開図を編集し、編集した展開図でパーツを工作し、ミスを発見してはまた展開図を編集し・・・の繰り返し。

Jy110

パーツ番号に、のりしろ個所への×印、山折り線、谷折り線、切り取り線、貼り合わせ指示、くり抜き個所、のりしろへの着色・・・展開図の編集って大変ですね。100%納得のいく展開図には永遠に到達しない気が。

展開図にパーツを美しく配置するのにもセンス要ります。

進捗が良くなく、モチベーションも下がっているので、盛り上げるために書いた記事でしたw。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »