« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の5件の記事

2009/07/26

もう3年

車検に出していた愛車 GOLF V GTIが戻ってきました。

Sya10

3年で走行距離9,557km。つまり年間3,000kmちょっと。日本で最も走行距離の少ない GTIに違いないでしょう。独身の頃は時間さえあれば車に乗っていたので、年間1万kmはいっていたんですけどね。

車検を通すのは前車のインテRに続いて2回目です。乗り換えてもう3年、早いものです。


なぜ今までインテRしか車検を通さなかったのか、愛車遍歴を勝手に振り返ります。

Sya02

最初に買った車は中古のUSシビック・クーペ4AT。スポーツ・シビックのハッチバックの顔付きに、シビック・フェリオのロングホイールベースを合わせた伸びやかなクーペスタイリングと、USからの逆輸入車という希少性が好きでした。写真はカタログからで、実際の愛車は黒色でした。

ステアリングをセンターに戻しても左に傾いていたり、ドアを閉めたらパワーウィンドウが壊れたりと、トラブルが多いなぁと思っていたら、これは事故車だったそうで。ホンダ系の中古車ディーラーの営業さんは絶対に事故車じゃないと言っていたのに、騙されました。オートマに飽きて、2年で乗り換えました。


2台目は、5thプレリュードSIR 5MT。憧れの DOHC VTECエンジンです。当時としては珍しい縦目と極端に長いフロントのオーバーハング。こんなにカッコ悪い車もないだろうと思ってましたが、エアロをつけてローダウンさせたら良くなりました。教習所以来7年ぶりのマニュアル車にも苦労しましたね。毎日早朝練習して、マニュアルの運転技術を磨いた車でし た。

Sya03

最近もあちこちで集中豪雨による被害がありますが、この時も 60mm/1時間を超える集中豪雨で、立体駐車場の地下にあった愛車は完全に水没。新車から納車2年で一瞬にして廃車となりました(涙)


Sya04

リア右側のDOHC VTECの文字が誇らしげでした。トルクも太く、ハイカムに切り替わった後のギュイーンというエンジンの伸びは、のちのDOHC i-VTECのインテRにもない楽しさでした。


Sya06

車内も完全に水浸し。当時人気だったアルパインのナビも一瞬でパーです。この車はサイドブレーキレバーの感触が好きだったなぁ。


Sya07

閉じていたサンルーフは、水でショートして勝手に開いてました。ちなみに一緒に水没したセルシオは完全防水なのか、水に浮いてました。さすがセルシオ(笑)


Sya05_2

ドナドナド~ナ~ド~ナ~。突然の別れです。


プレリュードを突如失い、いろいろ考えたすえ購入した3台目は、ホンダから離れスバル・レガシィB4 RSK 5MT。当時ホンダ車では、S2000が話題だったのですが、納期の遅さと敷居の高さであきらめました。

B4の問題は、2時間乗ると腰が痛くなるというシートの悪さ。また、VTECエンジンからの乗り換えでは、ターボラグやアクセルの踏みこみ量とマッチしない加速感に慣れることができず、またまた2年で乗り換え。

またよほど愛着が無かったのか、写真もカタログも一切残っていなかったので、画像なしです。


Sya11

4台目はホンダのレーシング魂、涙目インテグラ TYPE-R 6MTであります。新車発売直後にディーラーに冷やかしで見に行ったら、営業さんに頼みこまれて買ってしまったという感じ。ジムカーナなどのスポーツ走行も少し楽しみました。

初めて車検を通したほど車としては大変気に入っていたのですが、車両保険の異常な高さ、同乗者からの乗り心地の悪さへの不満などの問題もありました。

また、この車に乗る時は、TYPE-Rという称号からくるプレッシャーをいつも感じていて、リラックスして運転することはできなかったですね。。。


この間に結婚し将来も考えて2回目の車検の前にゴルフV GTI DSGに乗り換え、昨日それも車検を向かえた訳であります。


このゴルフにはまだローンも残っているので永く乗り続ける予定です。いい車だと思いますが、やっぱりシフトノブとクラッチペダルが恋しい。。。いつかはオープン。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/20

巡洋艦 ひさびさに展開図

Jy31

ひさびさにペパクラデザイナーとJw_cadで展開図を編集します。

ペパクラデザイナーはオブジェクト単位での展開図作成機能があるVer.2を使用します。Jw_cadはPCをリニューアルしてから初めての使用なので、ソフトのインストールからです。

予想通り、Jw_cadの使い方をすっかり忘れているので、思い出すところからやり直しです。でもまぁ頭は忘れていても結構指が覚えているもので、使っていくうちに思い出してきました。

今週末は紙に印刷して工作するところまでは行けませんでした。また来週末。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/07/19

巡洋艦 内部フレーム

平日は忙しくてペパクラの時間は全く、帰宅してもメールをチェックして寝るだけの毎日です。

そんな平日のお楽しみは、通勤中のPSPビデオ観賞であります。今はこんなの見ています。

GALACTICA:シーズン3が放送終了。残りのメンバーがついに判明したけれど、あの人やあの人は違うの~、まだどんでん返しがあるんじゃないの~?って感じです。シーズン4の放送が待ちきれませんねぇ。いつやるのかしら。 

DS9:英語学習のため英語音声を字幕なしで聴いています。キャラクターを理解してきたためか、最初の頃よりは聴き取り易くなってきてますが、まだまだ。ディファイアントが登場し面白くなってきました。ディファイアントにメインクルーが全員乗り込んでいる時のスッカラカンのDS9が一体どうなっているのか気になります。1日1話分見るのは相当キビシイですが、なんとか最終話まで続けます。

HEROES シーズン3:シーズン2は話の展開が遅く、今から考えると全くいらないエピソード満載だった気もしますが、シーズン3はテンポが良くて面白いです。映画スター・トレックを見て以来、サイラーがいい人にしか見えません。。。


さて、今週の巡洋艦です。

Jy30

アンドロや主力戦艦では、紙の厚さを考慮してのりしろや内部フレームのサイズを補正するのはCADでやってました。でも結構面倒なので、今回はメタセコ上で補正してから展開図を作成することにしてみます。補正するシークエンスさえできてしまえば、後は今後のモデルでも機械的にそれを応用するだけで済みますし。でも今回は試行錯誤です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

リンク追加

このブログのリンクに mkjさんの

はりぼて倶楽部 趣味のペーパークラフト

を登録いたしました。

肉付きが良くテクスチャが緻密でリアルな自動車のペーパークラフトをダウンロードできます。しかもペパクラデザイナー形式でもダウンロードでき二次利用も可能なオープンソース形式で、という素晴しさ。

ペパクラ設計においてカユイ所に手が届くようなモデリングソフト用プラグインも作ってらっしゃいます。ぜひメタセコイア用にも作っていただきたく(笑)

新型インプレッサがこんなにカッコイイものなのだと、mkjさんのペパクラで知りました。個人的には日本車の中で一番美しいと思っている先代のスカイラインクーペを作って欲しいです。

皆さんもぜひ工作してみて下さい!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009/07/12

巡洋艦 基本モデル完成の続き

実写版やリメイク版が話題ですが、個人的には新作のTVに期待です。宇田川キャラは古代だけなのか全体に対してなのか、それとも復活篇以外の作品についてなのか。キムタクさんは話題性にはいいですが、キムタクサイドにもかなりリスクがあるんじゃないかしら(笑)。全て実現すればいいですね。

最近の私ですが、仕事が忙しく週末も家事したり会社のWebトレーニングをしたり昼寝したりと、ペパクラの時間はあまりありません。私の勤務する会社も景気後退や業界再編の波に飲み込まれ私も一時仕事がほとんどなくヒマしてましたが、時間があったらあったでペパクラへのモチベーションも上がらず。やはり仕事が充実している方が精神的にも充実するためか、ペパクラにも集中力が出るようです。


ということで本日ちょっとだけ進捗。前回で完成したハズのモデリングですが、まだイジってます。

Jy25_2

Jy27

Jy28

リング部分を少し太く、艦橋の土台部分も若干高くしてみました。その分、第一艦橋部分を若干低くして艦橋構造物は重心が低い印象に。こうした方がこのあたりの立体の重なりの面白さを強調できていいかなと。画像じゃ自分で見てもわかんない程度ですけどね。

ただこうすると相対的に船体中央部のボリュームが無くなってしまいます。軍艦らしく船体中央の艦橋周辺にボリュームを持たせるのか、後部のエンジンのリング部分にボリュームを持たせるのかバランスを取るのが難しいところです。


Jy23

リング部分は前から見ると結構厚いことがよくわかります。


Jy24

後ろから見ると、ミツバチのお尻のよう。


Jy26

Jy29

ま、こんな感じで。スリムな印象に見えますが、これでもアニメ設定画の側面図よりもかなり太いのですよ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »