« 歩いてイスカンダルへ あと36日 | トップページ | タイピングヤマト »

2009/03/18

復活篇

劇場版の新作ヤマトって本当に制作中なんですね。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090318_taf2009_yamato/

移動性ブラックホール、38歳の古代進が艦長、などの設定は、過去にも企画された復活篇のまんまですね。キャラデザインは北爪宏幸氏、メカデザインは小林誠氏、波動砲はトランジッション波動砲(だっけ?)のまんまなのでしょうか。

今ガンガン宣伝しているパチンコCR宇宙戦艦ヤマト2は、劇場版新作への布石なのかも。東北新社がしっかりやっているのならば、本当に今年中に劇場公開しそうです。

新しいメカ、CG、そして模型への展開に期待です。

|

« 歩いてイスカンダルへ あと36日 | トップページ | タイピングヤマト »

コメント

新作、楽しみでもありますが・・・
キャラデザの北爪さんは好きな絵師さんではありますが
やはりヤマトは松本チックなキャラでないと違和感がありますね・・・これはもうどう転ぶか見てみないとなんとも言えませんが。

メカの方は期待ですね♪
是非とも旧ヤマト色をうまく残しつつもそそる戦艦群をお披露目願いたいです!!

投稿: quogli | 2009/03/31 23:37

quogliさん

10数年前に復活篇の企画があがったときのキャラデザインは北爪さんだったですが、よくよく調べてみると、今回の総作画監督は湖川友謙さんだそうなので、新作はさらばチックなキャラになるのかもしれません。

メカは期待しますよね。ペパクラの題材になるようなカッチョイイ戦艦群に期待です。

投稿: butchy | 2009/04/01 08:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活篇:

« 歩いてイスカンダルへ あと36日 | トップページ | タイピングヤマト »