« 試作に次ぐ試作 | トップページ | 艦首2 »

2008/02/03

艦首

艦首をザックリ組んでみました。

Sy040
船体表面のモールドは、手抜きしてアンドロメダのヤツをコピーペーストして流用。でも悪くないです。

以前の記事で、艦首下部の仕切り板は波動砲発射口まで貫通している、ということとしましたが、設計・工作の都合上、発射口内部と艦首下部とは、別パーツとしました(苦笑)。

この主力戦艦の艦首には、少ーしエヴァ弐号機の顔のイメージが入ってマス。




Sy041

アンドロメダとの並び。下部の大きな開口部(波動砲強制冷却システム)の形状は、アンドロとは結構変えているのが分りますね。

両者の艦首を比較すると、アンドロは鼻が前に突き出し、艦首下部の板も傾斜していて、如何にも抵抗が少なく速そうです。対して主力戦艦は艦首前面が垂直で、抵抗が大きく如何にも遅そう。しかし、真空の宇宙空間を駆ける宇宙戦艦には抵抗も何も関係ないハズです。

ただ、PS版設定画での話ですが、アンドロメダ・主力戦艦の次の世代の艦船(アンドロメダ改級しゅんらんや無人艦隊の戦艦)にはエーテル流体艦体フラップというアイテムがついているのです。ということは、このアンドロメダの流れるような艦首や前方翼は、大気圏内航行用というよりも、宇宙空間を亜光速で航行する時のエーテル流体力学を考慮したデザインなの、かも。

|

« 試作に次ぐ試作 | トップページ | 艦首2 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

主力戦艦」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気でしょうか。

主力戦艦いい出来ですねー。
と言っても元の設定画がうろ覚えなんでアレですが…。エヴァ弐号機…。

>エーテル流体力学
これはエーテル流体力学を応用した形なんだ!とか言われたら素直に納得しそうw

投稿: どつぼ | 2008/02/08 20:38

どつぼさん

ありがとうございます。元気です。

>と言っても元の設定画がうろ覚えなんで

設定画覚えていなくても
この紙主力戦艦がカッコ良ければOKです!

>これはエーテル流体力学を応用した形なんだ!とか言われたら素直に納得しそうw

ヤマトが船の形をしているのも、
宇宙のエーテルの海を航海しているからと
思えば納得です(笑)

投稿: butchy | 2008/02/09 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/17944190

この記事へのトラックバック一覧です: 艦首:

« 試作に次ぐ試作 | トップページ | 艦首2 »