« 宇宙戦艦ヤマト竣工 | トップページ | ひさびさに »

2007/07/26

新旧超弩級戦艦対決

慣れないプラモデルを半年もかけてコツコツ作ってきた真の目的はもちろんこれ。同一スケールのヤマトとアンドロメダを並べることであります(喜)。

Bym231

超大型新造戦艦という設定のアンドロメダですが、ヤマトの全長265.8mに対してアンドロメダは275mと、実は全長の差はたったの10m。1/350スケールに換算すると、ヤマトが75.94cm、アンドロメダは78.57cmとその差はわずか 2.63cm。ヤマト通信班長相原義一がおっタマげるほどにはアンドロメダは大きくないのです。



Bym202
遠近感が出てしまっているのでアンドロメダの方が大きく見えますが、紙アンドロメダはほぼ設定通りの全長79cmながら、ヤマトは77cmと反則して 1cm長くなっているので、その差はさらに小さくなっています。アンドロメダは艦首のトンガリ鼻が長い分、船体自体はヤマトの方が長く、私の紙アンドロメダは、重さではもちろんのこと、大きさでもヤマトに圧倒されているという結果となっております(悲)。


Bym208

とは言え、波動砲発射口の大きさと全幅ではヤマトを圧倒しております。ただし、艦橋内部の広さは、設定に反して圧倒的にヤマトの勝ちです。でもいいんです。紙アンドロメダはデザイン優先ですので(笑)。


Bym203
波動エンジンのメインノズル、サブノズルの存在感でも、なんとかヤマトを凌駕できているようです。

それにしてもアンドロメダのデザインは洗練されています。両者の竣工時期はたった2年しか違いませんが、ヤマトは第二次世界大戦時の戦艦、アンドロメダは最新鋭のステルス艦、というくらい差を感じます。地球防衛軍司令部参謀が「いまどき煙突ミサイルなんて時代遅れ」と酷評するのもうなづけるところです。


お約束その1。太陽系外周艦隊旗艦として1年の任務を終えて地球へ帰還するヤマトと、地球防衛軍連合艦隊旗艦としてテスト航海のため地球を飛び立つ新造戦艦アンドロメダとのニアミス。お互い、譲るということを知りません。


Bym229

Bym223

Bym230

Bym228

Bym227

 


 

そしてお約束その2.「主砲全開!目標ヤマト!!」
Bym206_1

Bym232


こうしてプラモデルのヤマトと並べてみると、ペーパークラフト・アンドロメダの弱点が見えてきました。

やはり全てを立体で表現しているプラモデルの質感、立体感は素晴しく、CADやイラレで描いたアンドロメダ表面のモールドや立体物の表現は存在感が薄く感 じられます。発色の素晴しいラッカー系塗料と、カラープリンタで印刷した紙の発色とで比較するには酷な部分もありますが。

とは言え、船体色のグレーや、モールド、陰影の表現などを、もっと存在感あるように描き込めば、ヤマトに負けないアンドロメダになるではないかとも思えます。

そして後は大きさ。やはりアンドロメダはヤマトを圧倒するぐらい大きくないといけません。ということで、公式設定での全長は無視し、アンドロメダは300m(=86cm)級の大戦艦ということにして、紙アンドロメダ10%増量計画を進めたいと思います。




Bym213

|

« 宇宙戦艦ヤマト竣工 | トップページ | ひさびさに »

1/350ヤマト建造記」カテゴリの記事

アンドロメダを完成させよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

正直な感想を言います。目の前に存在することこそが正しい。素材、質感、、プラ、紙そんなことはどうでもいい!
空間を埋める存在、そこに存在する物質。ヤマトとアンドロメダ。そこにその二つが存在することスケールが同一のその物体が同一空間に絡むことこそ奇跡であり感動を生みます。土方さんが艦長であろうがなかろうが、ゆうなぎが存在しようがなかろうが関係ありませんww
それを手にしたもの、作り上げたものが全てにおいて正しい。凄く感動です!「ズズズズズズ・・・」という書き文字が見えるようです。

投稿: WAX | 2007/07/27 01:48

おお~~

これはぜひ、250cm級にしてこさえてみたいですねぇ、ヤマトとお揃いにして(^_^;)。。。

投稿: ごじら | 2007/07/27 01:58

>公式設定での全長は無視し、アンドロメダは300m
>(=86cm)級の大戦艦ということにして、紙アンドロメ
>ダ10%増量計画を進めたいと思います。

ちょっと笑いました。さすがブッチーさんヽ(´ー`)ノ
アンドロメダは地球艦隊の旗艦ですもんね。
さらなる高完成度を目指してがんばってください。見守りますです(・∀・)

投稿: quogli | 2007/07/27 20:00

WAXさん

素敵なコメントありがとうございます。

私の思い入れがたっぷりのヤマトとアンドロメダが
仲良く並んでるのは、壮観な眺めです。

1/350というスケールでアンドロメダを作っている最中に
同一スケールのヤマトがメーカーから販売される
ことになったのは実は結構ショックでしたが(笑)、
こうして並べると、アンドロメダやって良かったなと。

アンドロメダ大型化の改良も進めていきたいのですが、
その前に1/350の地球防衛艦隊のラインナップを
揃えたい、という気分になってきました。

ということで、次回作のイメージが湧いてきましたよ。


ごじらさん

コメントありがとうございます。

ごじらさんに超大型アンドロメダを建造していただけるべく、
なんとか展開図を公開できるように頑張ります。
まだまだ時間はかかりそうですが。


quogliさん

10%と言わず、もっと気前良く30%くらい増量した方が
サービスいいですが、
あまりやりすぎてヤマトの世界観から
外れても問題ですので、10%で行きますよ。

アンドロメダ改修のための技術を蓄えるべく、
まずは新作に取り掛かりたいと思います。

投稿: butchy | 2007/07/28 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/15852924

この記事へのトラックバック一覧です: 新旧超弩級戦艦対決:

« 宇宙戦艦ヤマト竣工 | トップページ | ひさびさに »