« ヤマト建造記:ヤマト色 | トップページ | ヤマト建造記:雨のち晴れ »

2007/06/04

ヤマト建造記:艦橋内部

艦橋内部もしっかり再現されているこの1/350ヤマト。しっかり再現されているがゆえに、しっかり色を塗り分けなくてはなりません。このプラモで最もやりたくなかった艦内の塗装ですが、ここをクリアしないと艦橋全体を組み上げられないため、気合を入れてマスキングします。


Bym055
左から、艦長室、第一艦橋、第二艦橋です。

艦長室と第一艦橋は、床の色の赤、第二艦橋は床の大型パネルの緑を先に塗っておき、マスキングテープで保護してから、グレーを吹きます。果たしてうまくいくことやら・・・。



Bym056

グレーがはみ出しているところもありますが、我ながらあっぱれ、おじさん素人モデラーでこれだけできれば充分です。はみ出した部分は、筆でタッチして修正しましょう。

|

« ヤマト建造記:ヤマト色 | トップページ | ヤマト建造記:雨のち晴れ »

1/350ヤマト建造記」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

細かいw
面倒くさそうですが、綺麗に塗れてますね~。

投稿: どつぼ | 2007/06/05 11:50

 このような箇所を塗っても誰も褒めてくれません。
組み立ててしまえば第二艦橋の計器類、第一艦橋の
ボインレーダー、艦長室の椅子の裏側見えません、見えません。

しかし!それでいいのです。
それでこそ漢の艦(フネ)です。(笑)

投稿: WAX | 2007/06/05 18:37

最近ヘロヘロ気味のquogliです。どもです♪

マスキングうまく行きましたね。
自分はマスキングって失敗ばっかでしたね~(カラースプレーのバカ野郎!!)


しかし艦橋細かいですね~w
思わず苦笑いが出てしまいます(・∀・)

投稿: quogli | 2007/06/06 00:40

どつぼさん

いや~ホント細かいです。
ペパクラだったらこんな細かい塗装しなくてすむのに。
と言うか、ペパクラなら艦橋内部なんて作らないでしょうけれど(笑)。
ペラクラ、プラモ、それぞれの良さです。


WAXさん

さらに第二艦橋には1/350雪風のエッチングパーツで
舵輪を取り付けてあります。
色を塗り分けなかったので、写真ではほとんど
わからないですが。

これぞ漢の艦(笑)。


quogliさん

私もマスキングは苦手でしたよ。
でも第一艦橋のマスキングは、奇跡的にうまく
いきました。

艦長室と第二艦橋は、失敗気味です。。。
でもまぁ満足です。

投稿: butchy | 2007/06/06 05:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/15314057

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト建造記:艦橋内部:

« ヤマト建造記:ヤマト色 | トップページ | ヤマト建造記:雨のち晴れ »