« ドクガ | トップページ | ヤマト建造記:艦橋内部 »

2007/05/29

ヤマト建造記:ヤマト色

ここ2、3日そんなの関係ねぇで検索してここへアクセスする人の数が尋常でなく、模型の記事を読んで下さる方が逆に1割しかいらっしゃらない寂しい状況ですが、そんなの関係なくマイペースでヤマトの建造記行ってみます。

いよいよ船体上部のグレー部分を塗装します(艦体が正しいのかもしれませんが、船体の方が私にはしっくりきます)。

ヤマトの船体色は、映像作品やシーン毎に、濃いグレーだったり青味がかったりと様々です。私の中では、さらば以降のややブルー系の印象が強いのですが、やはりヤマトは軍艦らしく軍艦色という思いも強く、どうしようかと悩みどころ。とは言え私のような素人が色の調合などすると大失敗するのは必至ですので、ここは無難にキット指定のMr.カラー333番 エクストラダークシーグレーで塗ります。

下地にブラックを塗り、その上に明るいグレーを塗り重ねると、色の深みや立体感が出て良いようですが、ここも無難にサフの上から直接エクストラダークシーグレーを塗ります。

Bym054

グレーを薄く塗っていったためか、下地のサフの明るいグレーがなかなか隠れず、やはりブラックを先に塗るべきだったか?とも思ったのですが、グレーを重ね塗りすることにより船体の色も渋く落ちついてきました。

エアブラシの使い方にも少しづつ慣れ、こうした小さいパーツを薄く塗っていくのもなかなか楽しくなって来たのですが、とにかくパーツの数が尋常でないので、塗っても塗っても終わりません。よくもまぁこれだけのパーツの表面処理をシコシコとやってきたもんです。

完成が全く見えてこなかったこの建造作業ですが、ここまで色が付いて来ると、少しだけ見えてきました。

|

« ドクガ | トップページ | ヤマト建造記:艦橋内部 »

1/350ヤマト建造記」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

地球防衛軍連合艦隊の如く
このパーツ群、壮観ですねw

私の場合はアンテナなどの細かいパーツや
後ハメ出来るパーツ以外は
大きいブロック単位まで組んで(接着して)から
塗りに入ります。
当然接着により筆やブラシの届かない
ハッチ等の裏になる部分は事前に塗っておく
必要があります。ハッチ類を開けた時に内部が
塗ってあるとリアル感が増します。
しかし、その手間は倍増しますし
誰が褒めてくれるわけでもないので適当なところで
折り合いを付けるのがいいのかと(笑)

今回の1/350ヤマトを私はまだ手にしていないので
接着については不適切な意見かもしれません。
発光や電動ギミックのメンテ等も考えられるので
後々該当箇所はバラせる様にして置くのが得策でしょう

極端な話ではありますが
スケールモデルとしては
0.1mmの隙間がキットにあった場合
実際のスケールだと0.1mm×350=35mmの隙間
1mmだと350mmの隙間が存在することになります(笑)
プラモデルであり実際に存在するものでもないので
追求するのはラシサになるのだと思いますが、
アニメ的追求も当然あると思うので建造主の数だけ
ヤマトが存在するわけで
…あぁぁ 書き込んでいたら無性に
作りたくなってきました(汗)
シャドウヤマトwは精神的によくないかもです(笑)

投稿: WAX | 2007/05/30 18:24

なるほど、WAXさんは接着してからブロック単位で塗装して
いらっしゃるのですね。

私も接着してから塗装すべきかパーツを塗装してから組むすべきか
いろいろ考えました。

この1/350ヤマトも接着して合わせ目を消してから塗装している
上級モデラーもいらっしゃいますが、
そうするとどうしてもマスキングの場所が増えます
(例えば艦橋の窓のクリアパーツ部分など)ので、
私の場合はWAXさんもおっしゃる様に
発光やギミックのメンテナンス性も考えて、
基本は接着せず、塗装後接着剤レスで組み上げる方針としました。

艦底部分の赤は、ほぼ全てのパーツを組み立てた状態で
塗装したのですが、やはり奥まったところで塗り残しが
あり、結局パーツをバラして塗るハメになったっため、
グレーは全部バラバラで塗装しました。が、
もう少しパーツをまとめた単位で塗っても
良かったかもw

スキマについては、確かに実際の大きさでは350倍になりますね。

私の場合は、手間とメンテ性と作業の効果を考えて、
どうしても気になる煙突と補助エンジンの合わせ目だけは、
接着して合わせ目を消しています。

シャドウは吹かなくて正解でしたかね。

この1/350ヤマト、自分らしいヤマトを追及するには
とてもいい素材だと思います。
WAXさんも機会があればぜひ挑戦してみてください。

投稿: butchy | 2007/05/31 06:49

もうすぐ完成ですね。
丁寧に作っている様子が伝わってくるようです。


>ヤマトの船体色は、映像作品やシーン毎に、
>濃いグレーだったり青味がかったりと様々です。

私も1/350モデルを塗装し完成後、色々な照明下で
眺めてみましたが、色合いがその都度大きく変化して
見えることに気がつきました。
※私の場合、金属粉が混ざってるせいで余計
 そう感じるのかも知れませんが。

絵の具を全て混ぜるとグレーになることからも
グレーという色は捉えどころがないのかもしれません。

投稿: ヤマト世代 | 2007/06/02 23:54

このエクストラダークシーグレーを実際に塗ってみて
軍艦らしい非常に濃く重みのあるグレーという印象を持ちました。

ヤマト世代さんのブログでの写真を拝見すると、
照明などによって確かにその色合いは大きく変化する
ようですね。

私のヤマトも完成後どのような色合いを示すのか楽しみです。

完成は近づいてきましたが、細かい部分の調整など
まだまだやることは沢山ありそうです。

投稿: butchy | 2007/06/03 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/15244718

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト建造記:ヤマト色:

« ドクガ | トップページ | ヤマト建造記:艦橋内部 »