« ヤマト建造記:第二回波動砲試射 | トップページ | 零式52型 »

2007/03/10

ヤマト建造記:波動砲解体

クリアパーツと艦首部分の合わせ目をパテでうめて消したので、波動砲発射口が一回り小さく見えるようになりました。その結果、発射口の上の面のラインと、フェアリーダーパーツとの合わせ目までの距離が長くなり、艦首が間延びして見えてしまうことに。

Bym031


散々悩んだ結果、クリアパーツと艦首を解体することに。せっかく合わせ目消したのになぁ。
Bym030_1    
ちょっと思うところあり、クリアパーツの外周にある突起部分は綺麗にヤスリで削ってしまいます。



Bym033
クリアパーツ上面と、艦首側のそことの接合部分をヤスって、間延びした部分を短く。こうすると艦首とクリアパーツのラインがずれてきてしまうので、合わせるためにまたパテうめ&ヤスリがけ地獄です。

なんだか、取り返しのつかないところにまで足を踏み入れてしまった感が。そろそろペパクラが恋しくなってきたなぁ。

|

« ヤマト建造記:第二回波動砲試射 | トップページ | 零式52型 »

1/350ヤマト建造記」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

苦慮しておられるようですね。
私も波動砲口に苦しめられたので、
お気持ち、僅かながら分かるような気がします。
拝見するに素晴らしい技量をお持ちなのですから、
必ず素敵な形状にできますよ!

私は私の駄作を作るとき、恥ずかしながら
自分に言い聞かせていたことがあります。
「そうしたい、のではなく、そうするのだ!」

生意気な書き込みお許しください。では。

投稿: ヤマト世代 | 2007/03/10 16:03

どうもありがとうございます。波動砲口はヤマトの顔だけに、私もどうしてもいろいろとしたくなってきますが、私も自分に言い聞かせて、あせらずにじっくりと仕上げていきたいと思います。ヤマト世代さんにこうしてコメントをいただけると、いい工作をしようとする気力が湧いてきます。

投稿: butchy | 2007/03/10 19:20

私もbutchyさんに触発され、不満の残っていた
波動砲口の再処理に挑戦しました。
ここは、妥協というかやり残した部分だったので、
気合を入れてライフリングのラインを調整しました。
まぁ、技術が無いので大したものではありませんが・・。

結局色調を落として誤魔化しましたが、
画像を見る分には、ある程度効果的でした。
詳しくは拙作のブログにて。
ただ、劇薬のようなものなので、あくまでも参考まで。

いや、釈迦に説法でしたか・・・・・・。

投稿: ヤマト世代 | 2007/03/11 04:11

完成後も手を加えるなど、ヤマト世代さんも波動砲口への思いが強いようですね。なるほど、少し暗くして明度の変化をつけてみるというのも効果がありますね。

波動砲口の形状は、それこそ十人十色の形状があると思います。ただ私の場合も、キットのベースの形状から大きく変更させることはできませんので、キットを尊重しつつ、いろいろ試して小改良でできる範囲でいこうかと思います。

投稿: butchy | 2007/03/11 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/14209618

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマト建造記:波動砲解体:

« ヤマト建造記:第二回波動砲試射 | トップページ | 零式52型 »