« YAMATO COSMO FLEET COLLECTION 第2弾 | トップページ | アンドロメダ試作2番艦建造終了 »

2006/07/29

アンドロメダを完成させよう11

拡散波動砲いってみます。


A030

左パーツが発射口の外側、右パーツが内側です。試作1番艦とは、この展開図の構造も大きく変えました。


A032

そして内部のギザギザ、ライフリングのパーツです。これを山折谷折して・・・


A033

こうします。細かいです・・・・。


A034

先ほどの山折谷折パーツを6枚、発射口内側のパーツに貼り付けます。6セット作るのしんどかった・・・。


A035

内側・外側パーツを接着し、船体にとりつけます。


ちょっと凸凹が表現オーバー気味の感もありますが、オーバーくらいでいいでしょう。いい感じにできあがったと思います。あまりに工作量が多いので、右舷側は省略。試作ですのでね。

ただ、右舷の様に線だけでの表現でも悪くないので、このライフリングを立体化するかどうかは工作する人の選択次第、ということにしましょう。



|

« YAMATO COSMO FLEET COLLECTION 第2弾 | トップページ | アンドロメダ試作2番艦建造終了 »

アンドロメダを完成させよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

おぉーー拡散波動砲!!かっちょえー!!

内部のギザギザ、作るのちょっと大変そうですけど、やっぱあるのとないのとでは雲泥の差ですよ!早く『色付き』のモデルもみたいものです。

しかしぶっちーさん、組み立てるのうまいですね~w綺麗に仕上がってますよ!

投稿: Time-Ring | 2006/07/30 00:00

作りたい願望をかきたてるような進捗ですね。
ウチも負けないように頑張ろうっと。

投稿: KMC | 2006/07/30 00:40

Time-Ringさん

ギザギザはピンセットを使ってきっちりと仕上げました。ただこの部分は(主砲の砲身と同様に)他のパーツよりも少し薄い紙を使って工作しやすくするというインチキもしています(笑)。私も綺麗に工作するのは実はあまり得意ではないので、なるべく接着面を少なくし、鉄筆で折り目をつけて正確に折り曲げさえすれば綺麗に組み立てられるような展開図を目指しました。

ぼちぼち色付きの最終モデルを始めたいと思っています。

投稿: butchy | 2006/07/30 06:49

KMCさん

このモデルで最もこだわりつつもず~っと後回しにしていた部分がなんとかでき、お陰さまで完成というものがなんとか見えてきました。

KMCさんはペパクラのための時間を今はなかなか取れないかもしれませんが、無理せず頑張ってください。イベントなどでKMCさんの作品を見られる時が来るのを楽しみにしています。

投稿: butchy | 2006/07/30 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/11137342

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダを完成させよう11:

« YAMATO COSMO FLEET COLLECTION 第2弾 | トップページ | アンドロメダ試作2番艦建造終了 »