« アンドロメダを作ってみよう41 | トップページ | ワンフェス2006冬 »

2006/02/11

アンドロメダを作ってみよう42

このアンドロメダで一番細かいであろうパーツの試作ができました。

an115

いくらなんでも細かすぎますね。砲身も上下に動かそうと思えば一応動きます。




an114

アンドロメダは対空砲火が少なくて良かった(笑)。

 

|

« アンドロメダを作ってみよう41 | トップページ | ワンフェス2006冬 »

アンドロメダを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

1cm四方に収まってる感じでしょうか。小さいですね。
小さいのと紙の厚さで作り難そうですね。

投稿: KMC | 2006/02/12 08:51

わお!すごいっすねー!
ここまで再現しますか!しかも動くとは恐れ入ります。なぜかこのパーツが付くとリアリティがグッと増しますね。
こういう小さいパーツ作るのに拡大鏡があると便利そうですね。あのメガネみたいに頭にかけるヤツ。実物の艦艇だとこんなパーツがてんこ盛りなんで目がクラクラしてきますよ。
ヤマトのパルスレーザーもキツソウですね。

投稿: 串丸 | 2006/02/14 14:47

KMCさん

砲塔の構造はやはり細かすぎますね。自分で工作するだけならばまだいいのですが。KMCさんのアドバイスをもとに、いろいろと検討してみます。


串丸さん

1/350という大スケールにしてもこうした砲塔は小さくなってしまいます。拡大鏡を使うと、機械式腕時計のような精密機器を作っているみたいでカッコいいかもしれませんね。

とはいいつつも、このアンドロも私以外の人にも工作してもらえるような展開図にしたいので、工作のし易さと見栄えをうまく両立させたいです。

このアンドロは対空砲が4つしかないので楽ですが、串丸さんが作られるような艦艇では本当に大変そうです。

投稿: butchy | 2006/02/14 20:59

細かいパーツを作ってますね。私も近頃はコマイものが多く、作り易さと精密さのどこでバランスをとるか悩みます。

ま、試作ですもんね、今は出来る事をどんどん試すのもいいですよね。

投稿: orca | 2006/02/15 00:34

orcaさんのタイガーモス号もとっても細かいですよね。

そうです、試作なのでどんどん試しましょう。このアンドロメダも試行錯誤のカタマリですもの。紙の厚さも3種類試していますが、まだどれにするか決めかねています。このまま試作艦のままで終わってしまわないか大いに不安ではありますが。。。

投稿: butchy | 2006/02/15 07:42

あんなオマケの砲まで可動式とわっ!!
さすがぶっちーさんですね。

投稿: quogli | 2006/02/15 22:59

quogliさん

可動式とは言いましても、ギミックはなにもなく、紙なので折れば曲がって動く方式です(笑)。

アンドロメダの巨大さと緻密さを表現するパーツだと思いますので、作りやすさと精密さを両立させて仕上げたいです。

投稿: butchy | 2006/02/18 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/8605820

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダを作ってみよう42:

« アンドロメダを作ってみよう41 | トップページ | ワンフェス2006冬 »