« アンドロメダを作ってみよう37 | トップページ | アンドロメダを作ってみよう39 »

2006/01/09

アンドロメダを作ってみよう38

メインで使用しているWindowsとlinuxのデュアルブートマシン(ThinkPad X40)のWindowsディスク領域を拡張しようとlinux領域をNTFSでフォーマットしたら、Windowsが起動しなくなってしまいました。がーん。

linuxの /bootにあるGRUB関連のファイルを消去したからの様です。ペパクラ関連のファイルは直前にバックアップを取っていたとは言え、それ以外のファイルでは復旧できないものもあるし、仕事でも使っているPCなのでWindowsが使えないのはキビしい。

Windowsを再インストールしようかと思いきやMBRにGRUBをインストールしたために、HD内のWindows再インストール用の領域も起動できず再インストールも不可。前にも後ろにも動けない状態。あ~修理に出すしかないのか~いやぁ久々にハマった・・・・・・linuxを元のパーティションに再インストールしたら GRUBの定義ファイルが復活して、GRUBからWindowsを起動できるようになりました・・・。あ~Windowsを再インストールできなくて良かった。

 

そんなことはさて置きペパクラです。コスモタイガーではPaintGraphicを使ってドット絵屋さんよろしくペパクラ表面をお絵かきしていましたが、アンドロメダではせっかくなのでベクトル形式で描いてみます。

CADとInkScapeのどちらでがいいのかと思いつつ、まずはCADで描いてみました。

an103


an104

円や直線基調のモールドはCADで描いてInkScapeで線に色を付ける、でいい様です。

いよいよ次はInkScapeでの色塗りです。後部のスリット周辺だけは色塗りを試してみました。Jw_cadの操作性は感動的に素晴しいですが、InkScapeの操作のクセにはなかなか慣れることができません・・・。

|

« アンドロメダを作ってみよう37 | トップページ | アンドロメダを作ってみよう39 »

アンドロメダを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

PCトラブルは泣けます。

Inkscapeの操作はKMCもまだ慣れないデス。なのでモールド等の模様もJWで描いて、Inkscapeでは色塗りと曲線化ぐらいですね。

投稿: KMC | 2006/01/09 19:48

アンドロメダの艦橋後背部って結構細かいんですね(笑)いままでそこまで見たことなかったのでちょっと感激です♪

投稿: quogli | 2006/01/10 22:40

KMCさん

Inkscapeの操作、KMCさんもまだ慣れていないですか。Inkscapeはショートカットキーだけでほとんどの操作が可能であることをウリにしているようですが、逆に言うとキー操作を覚えないとサクサク操作できるようにならないのではと感じます。ノードを結合してクローズパスを作るだけでも私には一苦労です。私がまだベクトル描画の概念に馴染んでない、というのもありますが。あのイラレでもこんな操作感なんでしょうかね。。。

投稿: butchy | 2006/01/11 21:31

quogliさん

艦橋の裏側はアンドロメダの中で最も細かくて地味な部分でしょうね。お陰でこのペーパークラフトの中で、一番作るのが面倒な部分にもなっています(泣)。

投稿: butchy | 2006/01/11 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/8078049

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダを作ってみよう38:

« アンドロメダを作ってみよう37 | トップページ | アンドロメダを作ってみよう39 »