« コスモタイガーを作ってみよう29 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう30 »

2005/07/15

気分転換その1

an02

an03

気分転換でモデリングしてみた宇宙戦艦。

実は六角大王で(というか3Dソフトで)円を描くのはこれが初めてで(笑)、いい練習になります。

頑張ればペパクラにもできそうです。船体の強度を確保することや、広い面をウネウネさせないようにするための構造を考えることが重要になりそうですが。

 

|

« コスモタイガーを作ってみよう29 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう30 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

アンドロメダを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

スバラシイ!
接合部だけきっちり処理すればそのまま展開できそうですな。

メタセコ薦める理由としては、機能もさることながら、他ソフトとの連携がしやすい、という点ですね。付属の六角の6KTファイルはペパクラデザイナー以外で使えるという情報は掴んでないし。ちなみにメタセコからはDXFやらLWOなどで六角に持ってくことは可能です。
あとはテクスチャ関連かな。UV展開編集とかしっかりしてるし。モデルに直接描いてアタリもとれるし。←やってみるととっても楽しい

まあ、とりたてて不満が無ければ六角のままでもいいと思いマス。

投稿: KMC | 2005/07/15 20:27

メタセコの UV編集や 3Dペイント機能は、テクスチャ作成の上ではかなり役にたちそうです。

六角大王も不満が無いといえば無いですが、いかんせん他のソフトを使ったことが無いので、六角が使いやすいのかにくいのかよくわかりません(笑)。

ということで、おススメのメタセコもちょっとイジってみます!

投稿: butchy | 2005/07/16 08:30

カッコよくなってきましたねー。
あのころ憧れていたアンドロメダを
思い出してきました。
ロッカクもいいかなーと思ってましたが、
え、DXF書き出せないんですか?

投稿: orca | 2005/07/16 08:43

ペパクラデザイナー付属の六角は「Super3LE」てことで、ペパクラデザイナー専用に特化(機能限定)されてるので、他形式のファイルは読み込みはできても吐き出すことができないしくみ。

ちなみにKMCのモデリングソフトの変遷、
フリー版六角→メタセコ(ココまでTenkai使用)→六角Super3LE→メタセコ
といった具合。六角はなんにも知らない状態からはとっつきやすいとは思う。でも付属の六角使う前にメタセコ使っちゃってたんだよね。操作の軽さが全然チガウのでやっぱり戻ってしまったのデシタ。

投稿: KMC | 2005/07/16 09:39

このアンドロメダは、宇宙へ行くどころか、付属の六角Super3LEの外にすら出られないってことなんすね。
あぁ~~~なかなかカッコよくなってきたのにな~。
ちょっとヤル気がトーンダウン。。。
メタセコでは違うものをモデリングしてみましょう。

投稿: butchy | 2005/07/16 10:51

KMCも以前に作ったライダーの顔モデルをメタセコにもってけないかといろいろ試してみたけど無理デシタ。
せめてテキストベースのデータだったらなんとかなるかなー、とNOTEPADで開いてみたけどどうやらバイナリな模様。変換めんどくさそうだから放置状態に。

投稿: KMC | 2005/07/17 02:59

がんばってメタセコの操作を練習しています。
六角とは全く異なる操作系に戸惑っていますが、同じポリゴン作成ソフトでもここまで操作に関するアプローチが違うというのはナカナカ興味深いです。
メタセコの方がとっつきにくいですが、3Dモデルを作成する上で合理的な感じはしますね。

投稿: butchy | 2005/07/17 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/4975288

この記事へのトラックバック一覧です: 気分転換その1:

« コスモタイガーを作ってみよう29 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう30 »