« コスモタイガーを作ってみよう25 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう27 »

2005/07/03

コスモタイガーを作ってみよう26

前回、モデリングは終了と書いたものの、主翼後方の機体との付け根部分の形状を、宮武さんの設定画により近づける形状の変更を行いました。

そして、お絵かきソフト Paintgraphic を使って、機体下面のテクスチャを描いていきます。

六角大王での機体下面の画像を取り込み、Paintgraphicに読み込ませます。
そして読み込ませた画像とは別のレイヤで機体表面のグレーを描き、さらにその上のレイヤで機体の分割線を描き、六角大王で3Dモデルに貼り付ける単位で描いた絵を切り取り、六角大王で貼り付けていきます。

貼り付ける絵がざっと描けた段階で、試しに六角大王で3Dモデルに貼り付け、宮武さんの設定画と見比べ、位置や形状を確認してみます。

c66

c67

描いた図形の位置や形状は悪くはないようです。

うーん、地道な作業だ。。。しかも地道にやるだけではダメで、絵心もセンスも必要で、集中力を使う作業です。。。時間かかりそう。。。

|

« コスモタイガーを作ってみよう25 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう27 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コスモタイガーを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

気になると直しちゃいますよね。
直ぐ取りかかれる所がペパクラの良さでもありますが。
前々から思ってましたが、3D作品としても十分ですね。
六角大王のレンダリング能力は不明ですが、他ソフトにデータ写してテクスチャ貼って・・・それもまた見てみたいですね。

地道作業、頑張って!この手の作業は気持ちを維持するって大変ですよね。

投稿: orca | 2005/07/04 12:46

>orcaさん
特に六角+ペパクラデザイナーで作る場合は、
実際の立体にする前に好きなだけイジくれるというのが
ペパクラのいいところですね。プラモの様な模型では
そうはいかないです。
このコスモタイガー、ペパクラで作ることが前提で、
3D作品にすることは全く考えていなかったのですが
(といいますか、3DCG作品を作ったことがないもので・・・)、
3D作品にするには、やはりもっともっとポリゴンを増やした
作りこみが必要になりそうです。
でもいつかやってみようかな~。
六角大王はレンダリング機能は貧弱なので、六角で
モデリング+他のソフトでレンダリング、というのが多いようです。

ペパクラとしての完成度を左右するのもテクスチャ次第でしょうから
地道にがんばります。
でも、KMCさんのように、気分転換モデル、私も作っちゃい
そうだなぁ~(笑)。

投稿: butchy | 2005/07/04 22:11

オヒサシブリッコです(笑い♪♪)
素晴らしくカッコ良い画像です、ホレボレしてしまいます(=*^-^*=)にこっ♪
私も六角大王+ペパクラデザイナーを無理して購入しましたが、使い方がわかりませんトホホ
の人生を送っています。
難しいこのソフトを使いこなすなんて、何たる
神業だと思います、爺の頭では無理なのかもね(笑い♪♪)

投稿: こんどう | 2005/07/05 23:41

>こんどうさん
お久しぶりです。いつも書き込み、そしてお褒めのお言葉ありがとうございます。
私も3Dモデリングソフトを使ったのはこの六角がはじめてでしたので、はじめは難しくて難しくて・・・。解説本読んで、ネットで調べて、自分でさわって、最近ようやく慣れてきました。とにかく何事も慣れることですね。
こんどうさんのハウルももうすぐ完成のようですね!

投稿: butchy | 2005/07/06 07:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/4815774

この記事へのトラックバック一覧です: コスモタイガーを作ってみよう26:

« コスモタイガーを作ってみよう25 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう27 »