« コスモタイガーを作ってみよう24 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう25 »

2005/06/27

新銀河誕生

いや~ようやく終わりました、PS2ソフト「宇宙戦艦ヤマト暗黒星団帝国編3部作」。最近、ペーパークラフト製作がさっぱり進んでいないのは、すべてこれをやっていた所為です(笑)。

以下一部ネタバレもありますので、ゲームを終了していない人はご注意を。

現代風にアレンジされたヤマトのゲームでしたが、かなりのヤマトファンである私にも納得できる面白さでした。

まずは、ゲームの中心の艦隊戦。砲撃、雷撃、収束波動砲、拡散波動砲、艦載機による索敵やミサイル攻撃など、ヤマトの世界観を活かしたリアルタイムシミュレーションは、ポリゴンでの艦船や武器の表現も美しく、ゲーム性、ビジュアルともに素晴しいものでした。大満足です。

そして白兵戦モード。コントローラの操作になれてしまうとかなり簡単になってしまうので、個人的にはあまり好きではなかったのですが、地球側のパルチザンもゲームにできるということで、ゲームの幅が広がりました。背景のテクスチャもキレイに描きこまれてますし、キャラクターの動きもイイです。

ストーリーはアニメでの矛盾点を極力解消し、かつキャラクターが無意味に死なないようになっているのも好感がもてます。しかし、古代守がヤマトに搭乗したのは、んーです。そのお陰でサーシャ(ゲームではサーシアですが)と、その育ての親の真田、若いオジサマの古代進との微妙な関係もなくなり、サーシャが全くつまらないキャラになってしまったのは残念です。

音楽、効果音には不満が残ります。宮川泰さん作曲の曲があまり使えないのには、大人の事情があるのかもしれませんが、シーンに似合わない曲の使い方は困りモノ。効果音もイイ線いってますが、主砲発射音、連続ワープからのワープアウト音、ヤマトの通常航行音がアニメと違うのは全く残念。しかし最悪なのは、オープニングの頭で波動エンジンを点火する前の音。これは波動エンジンを点火する前の音ではなくて、波動砲を発射する前にエネルギーを充填する時の音でしょう。ゲーム起動直後からズッコケました(オープニングのコンテはスゴクいいと思いますけど)。

といろいろ書きましたが、全体的にはファンにはたまらないソフトだと思います。私の採点は90点で大変満足しています。このゲームシステムを発展させた続編も期待したいですが、あんまりソフトが売れそうもないから期待できないかな~。

しかし、エンディング1は悲しすぎますね・・・。

ゲームも終わり、これですっきりペパクラに注力できますよ~。

あまり進んでませんが、本日の進捗。

c64

ミサイルも平たく、ステルスデザインらしくなりました。
でもこんな形状で目標に向かってまっすぐ飛ぶのかなぁ・・・。

|

« コスモタイガーを作ってみよう24 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう25 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コスモタイガーを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/4737124

この記事へのトラックバック一覧です: 新銀河誕生:

« コスモタイガーを作ってみよう24 | トップページ | コスモタイガーを作ってみよう25 »