« バランスボールダイエット経過補足 | トップページ | バランスボールダイエット経過(114日目) »

2005/05/15

コスモタイガーを作ってみよう14

今回の試作の目的は展開図の構成を決定させることですので、テクスチャマッピングの描きこみはホドホドにして、ペパクラデザイナーで展開図を自動作成させてみます。

展開図作成アルゴリズムには3種類あります。

まずは自由形状向き

c30

それから規則的な形状向き。

c31

最後に中間です。

c32

このままの展開図でも立体として工作することはできるでしょうが、組み立てやすさという意味では無理がありますので、パーツの切れ目、のりしろの位置などは、手作業で修正します。今回は中間をベースに修正していきましょうかねぇ。

前回作成した試作1号機の展開図でも手作業で修正したのですが、そのときの修正内容を流用できず毎回毎回手作業でやりなおさなくてはならない、というのがツライところですね・・・。


|

« バランスボールダイエット経過補足 | トップページ | バランスボールダイエット経過(114日目) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コスモタイガーを作ってみよう」カテゴリの記事

ペーパークラフト」カテゴリの記事

宇宙戦艦ヤマト」カテゴリの記事

コメント

なるほどー。
ペパクラデザイナーでも、書き出して、完成、
というのは無理があるんですね。
でもソフトまかせよりいいんでしょうね。

人の手が介入するということは展開図より
扱い易く、そして作者の個性が出て
ペパクラファンには面白いものになりそう。

投稿: orca | 2005/05/15 21:20

はじめまして。
ちょくちょく覗かせてもらってます。

付属の六角で切断辺の指定をまとめてしておくと
ある程度狙った展開図の作成は可能ですよ。
ただ、事前にどのように展開するかをしっかり
考えて指定しないといけないですが。

完成楽しみにしてます。

投稿: KMC | 2005/05/16 03:02

>orcaさん
ペパクラデザイナーは懸命に考えて展開図を作成してくれますが、展開図としての見易さ(左右対称であるとか)とか、のりしろの位置や大きさなどの工作のし易さといったところは、やはり最後は人間の感覚の介入が必要ということですね。

市販のガンダムのペパクラを工作したときに、その工作のし易いパーツ構成に驚きましたので、工作してくださる人の立場にたった展開図作りって重要なことなのかと思います。

ただこのペパクラは市販する訳ではないので、自分の納得するところまでできればいいのかなぁとは思います。


>KMCさん
コメントありがとうございます。
なるほど、六角大王の段階で切断辺をあらかじめ指定しておくことができるのですね。いいことを教えていただきました。早速試してみます。

KMCさんのブログ、私も拝見しています。量産機スゴいですねぇ。ペパクラとしての造形が素晴らしいはもちろんのこと、モビルスーツの関節部分も作ってしまう技術には頭が下がります。GMに比べるとこのコスモタイガーは本当にシンプルなモノですが、私の自作ペパクラの第一号完成品になるまで頑張ります。KMCさんのGMも完成が楽しみです。

投稿: butchy | 2005/05/16 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68827/4132543

この記事へのトラックバック一覧です: コスモタイガーを作ってみよう14:

« バランスボールダイエット経過補足 | トップページ | バランスボールダイエット経過(114日目) »